×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・

サクラ大戦ディナーショウ2005

新次郎のクリスマス IN TOKYO

・:*:・°'☆,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'☆,。・:*:♪・°'☆*:・

---  幸せになりますように  ---

アイリス中心 報告書

・:*:・°'☆,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'☆,。・:*:♪・°'☆*:・

・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・。・:*:・°・:*:・

いや〜…。サプライズでした。ディナーショウはいつも巴里花組のものだから、
アイリスは出演しないし、行くにしたって仕事の都合でいつも無理…。
だからディナーショウに行くなんて思いつきもしなかったんですよ。
ところが今回は、なんとアイリス出演、しかも休みの日。
行く! 行きますとも。行くしかないって!!!

チラシ絵(と言っていいのかな)もよくぞ描かれました!突然決まって時間無かったでしょうに。
私は好きです、あの絵。アイリスがほんのり頬を染めていて、ふわふわっとした可愛さ。

さてさて今か今かと待ちに待った23日がやってきた。
吹雪も二日酔いも乗り越えて私は帝都に辿り着いた。
目指すはヒルトン、目眩く夢のショウへ、いざ。





   1 始めよう

アイリスのクリスマスです私にとっては。
ディナーショウ初体験でした。
アイリスに会うために行きました。
アイリスが出演しなければ一生、ディナー
ショウというものに行ったり、あのような
スンバラしぃホテルに行ったりする機会は
なかったであろうと思われます。

まずはディナーでした。
ディナー。そりゃ勿論おいしんですけれど
アイリスちゃん早く会いたいよ! 状態。
いや、でも、落ち着いて。落ち着いて。
たぶんきっと平静を装った顔でいられたと
思います。まぁとにかく食べますか、と…
思ったところで突如拍手が巻き起こり。
ベロムーチョ武田氏が出てきてなんと前説
開始。予想外。吃驚。出演者…じゃないで
すよね? 結構長いこと1人で話してまし
たが、そのうちにダンディー団勢揃い。
駆けつけるとは流石ですね。
さて曲! 最初に全員登場しての「ここはパラダイス」。
紐育の歌ですね。V未経験の私ですからとても新鮮でした。
躍動感あふれる歌ですね。もりあげ上手な歌です。
テンポの速い躍動的なダンスをするアイリスも凄く可愛いです。
アイリスがひとりで歌ったのは
「はじめ・よ・ぉ」「たのし・も・ぉ」の所です。
とても似合ってて可愛らしいです。
サニーサイドとペアっぽい部分でした。上記のアイリスの声のあと
すぐに彼の「Now Let's Dance!」とかが入るのです。

「ちゅっ、ちゅ」というところの振り付けが可愛すぎる(*^o^*)
人差し指を立てて横に振って、
それから両手を広げてだんだんおろして(上の図参照)

この曲の感想の間にそれぞれ喋ったのですが
アイリスのセリフだけは覚えました。
「楽しいショウにしようね! アイリスですっ」でした。

サニーサイドと
背中合わせ
2曲目は「輝く星座」。歌の前にまずは、舞台に新次郎とサニーサイド。
3月に紐育のショウをやると。おー、マジな話らしいですね。
サニーサイドが新次郎にその演出を任せると言い出して、昴が一言「無茶だ」
それから昴が歌いました。すごいです。実に存在感ありました。初めての登場とは思えないほどです。
ゲームより先に「実物」に出会った私ですが昴やサニーサイドや新次郎の歌を聞き演技を見、Vにも興味を
持ち始めましたよ。歌が終わってから「大神一郎に相談する手もある」と昴。すると、少し間があいてから
新次郎が「なるほど」あるいは「そうか」と言いました。(うろおぼえ、すみません。)
なぜ間が空いたのかというと新次郎が懐からゆっくりマイクを取り出してから喋ったから。面白いぞ(^^)
それで日本に向かうことに。サニーサイドは「慌ただしい展開だね」と言いつつも帽子を被り自分も行く気
まんまん。昴もいつの間にか鞄を用意。「昴は思った。新次郎とサニーサイドの2人だけでは心配だと。」
わはは、なんかほんと面白いぞ(^^) 紐育組もやりますな? 3月のショウに向け好スタートですね。


  2 愛しの

場面変わって帝都。
はじめに登場するは
我らがアイリスv
「愛しのジャンポール」
横の入口から登場です。
歌う前に「アイリス、
   困ってるの。…
   聞いてくれる?」
とにかく言い方が可愛く
目尻さがりまくりです。

客席の間を歩きながら歌い、客を覗き込むように問いかけるようにする。
あぁ〜〜!! もぉ、 なんっで、そんなに、可愛いのかなー!!!    ……すみません取り乱しました。
歌い終わって「みんなが聞いてくれたから、アイリス元気になっちゃった!」と満面の笑み。無邪気に喜ぶ。
こっちもやたら元気になっちゃいます。
「〜〜ちゃった」という言い方が世界一似合うのはアイリスです。

アイリスに「夏の歌謡ショウ観にきてくれた人ー!」と聞かれましたから諸人こぞりて手を挙げました。
はーい!はい!はい! …アイリス、客席を見渡して「わー、結構いるー!」と言ったのが1回目のショウ。
2回目は「いっぱいいるーー!」と。 どっちの回もほぼ全員手を挙げてたように思えます。
ま、実際アイリスだけを見てたので、見渡したわけじゃないから分かりませんが。
アイリス「うれしーー!!」と叫びました。
アイリスの「嬉しい」とか「楽しい」は、ほんとにほんとに気持ちが弾けまくってる言い方で、
その愛らしい声の響きは、聞いてる私の体の中にジュワーッと染み込んでくるのです。
何気ない言葉がこれほどのエネルギーを生む。アイリスやっぱり最高に可愛いよ。

「新春はゲンヤサイが
 復活するんだって!
 こわいよ〜〜〜!」
と言いながら舞台へ。
そしてまた「みんな
来てね」とお願い。
行くに決まってるじゃ
ないかぁ〜〜(*゚v゚*)

2回目なんかは
「顔覚えたからね!」
と客席を指さします。
……やった!
顔おぼえてもらった!
嬉しい(笑)
とても面白かわいい
アイリスでした。

   3 ファンタスティック

さくらの「口ずさむ歌」の後、サニーサイドと大神、新次郎の会話があり、そして「天竺どこだ!?」
大神さんったら「セクシーな衣装を堪能ください」とかってアナウンスを。なんてこと言うんですか!
堪能しちゃうじゃないか!(笑) まさか本当に『新・西遊記』の衣装での登場とは。ウーム、嬉しい!
すっげー嬉しかったです、私は。沙悟浄アイリス、大・大・大ッッッッッ好き!ですから。
『新・西遊記』であの姿に、歌に、動きに、戦いに、熱演に、惚れて惚れて惚れ込んだんです。
言わなくてもお分かりになるとは思いますが、今回も、私の場合は沙悟浄をずーーっと凝視です。
あの衣装ね…超かわいくてセクシーですよ。マジで。知らない方のために言いますけど。
いや、衣装が…と言うよりも、アイリスが着て動いているからこそ、でしょうね。
振り付けも、可愛く躍動的な、ちょっとピンクレディー入った風のラブリーなダンス。
活発な感じでありながらも…こう、くねくねしてるんですよね…結構。それがまた、たまらん。
『新・西遊記』劇中では2人が喋っていたところも、今回は振り付けがありました。
沙悟浄アイリスの歌声、優しくて柔らかでジューシーです。「無邪気な魔物の(女の)子」という印象。
はじめの「長い旅だ★」「仏様の…慈悲の光に…」「…な〜るのだ〜…」のあたりが特に好きです。

歌の終わったあと、横の後ろの方、ミニ舞台?サイド舞台?何と言うのかな?で聞いていたサニーサイドが
「ファンッタスティック!」と叫ぶ。この人の口癖なのかな? このショウの間に、何度も叫びます。

それからサニーサイドは、この感覚を取り入れようということで、ジェミニはネコミミ、
サジータはアミ?のボンキュッボーンでムチ…などと言いだし、最後に昴はどうしようかと悩みます。
サニーサイド「そうだ!スクール水着だ」→後ろから近づいていた昴がピコピコハンマーでツッコミ。
それから大神がこれまでのストーリーをまとめるような話をするんですが昴の名前が出さないのです。
昴「ボクもいる」 大神「…だれ?」 昴「昴。」 暗転。 ……なんか独特。

さてそれから2連続で薔薇組の歌。「心は砂漠のように」「美しきものたちよ」
いつもの調子で盛り上げますね。アドリブのコーナー!という感じでした。
1曲目が終わった後、ここに花組さんの残り香が…という話になり菊ちゃんがすごい勢いで「くんくん」。
これがほんとにすごい吸引。さくらの残り香は「凛とした清楚な」だったかな?
アイリスは「若草」のような香りだそうです。これは新しい表現ですね。なんか、いいな…。
歌謡ショウの話も。アイリスは今夏について聞きましたが、薔薇組はこれまでの歌謡ショウ全てについて。
行ったことない人に手をあげさせて、琴音が言うことがまた素敵でした。確か1回目は……
「あなた、よくここに座れたわね」 2回目は「あなたはこれまでの9年間を無駄に過ごしてきたのよ」
2回目では今度の夏は必ず来るように、と約束させ、菊ちゃんのトドメの一言「のがさない。」

この後、サニーサイドがそば屋に入ります。「日本ではそばをたのむとお茶がタダですか!
まさにファンッタスティック!」 …それから日本文化をたたえる盆栽の歌「BON−PSY」。
昴も扇を持って登場です。かっこいい歌でした。

次は大神と新次郎 2連続。「見よ暁に」「甲板フラフラ」
特筆すべきは2曲目の甲板フラフラでプ○○ントさんが出てきたことでしょうか。
ウワサや絵でしか知らないとはいえ、やはり笑いましたね。…声変えて歌ってるしなぁ。
大神さん、プチ○ン○を直視して吹き出すシーンが。…最初、素かと思った…ナイスな吹き。

次、サニーサイドの「THE CHRISMAS SONG」 英語ですよ、すごいですね。あなたもファンタスティック!
客席の間を歩きながら歌いました。舞台でさくらとアイリスが拍手。アイリス「素敵だった〜」


         4 ハンドジングルベル

    サニーサイドがプレゼントとして持ってきたハンドベルで演奏することに。
    アイリスが みんなで演奏しよう、と言ったのです。最初は「ジングルベル」。
    ラ・シ・ド担当の大神&薔薇組が曲の途中で妙な動きしてると思ったら、
    ジングルベルは高い方の3音ラシドが無いんですね。あのパイプ演奏を思い出した…(^^)
次は「もろびとこぞりて」これならみんな参加できる、と。 
それにしてもあの歌い出しって「ドーシラソー、ファミーレードー」なんですね。 
知らんかった……。 
2回目のショウでは途中でちょっと失敗してました。 
誰から崩れたんだったか忘れましたが……。 
それでもどうにかこうにか、ぎごちなく最後までいきました。 
ソ担当のアイリスが最後のほうでベルを勢いよく突き出してました。→→
おもしろかわいい動きです。 
その後ちょっとひくひくしながら項垂れます。

ベルの最後は「きよしこの夜」。
リクエストをとるようなことを言っておきながら無理矢理これに(^^)

どの曲の時も、うまくいって
最後の方に近づくとアイリス
が笑顔で肩をすくませて握っ
た手をだんだん口の辺りに近
づけて、うれしそーにして…
成功して終わると、「やった
ー」という感じで少しぴょん
ぴょんする様子……
いやーほんっとマジ可愛い。
可愛すぎて、ああ…っ、もぉ
どうしたらいいんですかッッ
   5 プレゼント

それが終わると、サンタの話になります。サンタのモデルになった人の話。
2回目の時、サニーサイド間違えて「赤いヒゲ」と言い場内爆笑。アイリスもけらけら笑ってました。
アイリスによれば、サンタのモデルになった人(ニコライ)の話はフランスではみんな知ってるとのこと。
それからアイリスの発案で客席にプレゼントを配ることに。「ポケットチーフを贈ろうよ!」
いいねーアイリス、イニシアチブ! 歌でもセンターに立つこと多かったしアイリス輝いてるよ。
自分のテーブルは2回ともアイリスの担当ではなかったんですが…(…まぁ、そこまでうまくはいかないか…)
遠くで、人々の頭の向こうをちょこちょこと移動してプレゼントを配ってるアイリス、可愛かった。
1回目の時、配り終えるのが早かったアイリスが舞台から「すばるー、」と呼んでました。
なんだか、いい……。この2人が色んな会話したらどんなふうだろう……と想像&妄想。
   
次に、「夢見ていよう」の歌に移りますが、アカペラで、いつもと歌い方が違いました。
アイリスは高音担当で、とっても綺麗に響いてました。

そして「奇跡の鐘」。アイリスは「きっと私に奇跡が起こります」の部分を担当。すごく優しい歌声。

テーブルに置いてあった「曲目」に書いてあるのはここまででした。さらにここから別れのシーン。
新次郎たちが船に乗って紐育へ発つところ。紐育メンバーはサイドステージ?にいます。
なるほど船が出ていくイメージが湧きます。ディナーショウならではのシーンだったかも知れません。
アイリスが一歩前へ出て…実に名残惜しそうに大きな声で「さようなら〜っ」と言っていたのが印象的。
ここで舞台の帝都メンバーが「君よ花よ」を歌います。アイリスもしっとりと歌いあげていました。
そして紐育のメンバーが「ジングルベル」をアレンジしたものを「君よ花よ」に差し込んで歌います。
「君よ花よ・ジングルベルミックス」といったところでしょうか。

これが終わると新次郎がひとり再登場して帝都のメンバーへお礼を言います。
アイリスのことは「アイリスちゃん」と呼んでいました。
それから3月への意気込みとか観客へのお礼を言って終わったと思います。そこでアンコール。
なんとなんと! 「 Happy Day Happy X'mas 」! です!

      おー! ナマで聞ける日が来るとは。

  「ねーぇー、サンータのおじさんに お願いをしたいの♪
   ほーら、夜空のかなたまで 届いているよねー…
   …世界中がちょっとだけ…幸せになりますようにっ!」

くぉーっ、やった! アイリスのこのパート、すんごくすんごく可愛い。
めっっちゃ、好き!
「世界中が…」のセリフの時にアイリスがしゃがみこむと、
皆みんながそばによってきました。

リズムにのって、楽しげに歌うアイリスを見て、
これまで盛り上がっていた心がさらに弾んでくるようでした。

2回目の時は拍手鳴り止まずアンコールがもう一度あって、
最後は歌じゃなくみんな1人1人挨拶を。
アイリスは 皆と出会えて嬉しかったし、紐育の仲間とも仲良くなれて
すごく楽しい1日だった、という内容のことを言っていました。

ほんとにアイリス、すごーく楽しそうにしてました。
だから、こっちもすごーく楽しめたし、幸せになりました。

愛らしいアイリスを見ているだけで幸せです。
喋ってない時、歌ってない時や動いてない時でさえ、
あの笑顔、ちょっとした仕草、ポーズ…
全てが可愛らしく、やわらかで、…とろけます。
だから目が離せない。 アイリス、さいっこーーー…に、可愛いです。

ディナーショウで大きなパワーをもらいました。
今年は幸せで幸せで…幸せで幸せで幸せで、
ほんっっとに幸せな年の瀬となりました。          〔 了 〕

歌い出しはさくら、次は昴、次は↑アイリス。
それぞれセンターにくる際に手を合わせてバトンタッチ。
    

「ねえサンタのおじさんは すぐそこにいるのよ…」
と、薔薇組が歌っている時の、アイリスの動き。
    

動きが楽しげで可愛らしいのと同時に、躍動感にあふれていました。
    

一覧に戻る